予防歯科

治療から予防する時代へ

治療から予防する時代へ

虫歯や歯周病を発症してから治療を行う時代はもう終わりつつあります。歯科医療の進歩に伴い虫歯や歯周病を発症するメカニズムが明らかになり、予防法が確立された近年では、予防歯科が注目を集めるようになりました。症状の有無とは関係なく、歯科医院で定期検診を受けて虫歯や歯周病などの病気を未然に防ぐことが、健康維持に最も有効な手段として認められ始めたためです。

また、定期検診で早期のうちに病気を発見すれば、歯へのダメージも治療費も最小限に抑えることができます。健康な歯で生涯をいきいきと過ごしていくためには、定期検診でお口の健康管理をしっかりと行うことが重要なのです。

清水歯科医院の予防処置

定期検診

定期検診

虫歯や歯周病を治療した後は、再発を防止するために患者さま一人ひとりの状況に合わせて定期検診をご案内します。口腔内環境の健康を維持していくためには、自覚症状がなくても3~6ヶ月に1回の定期検診を受けましょう。

ブラッシング指導(TBI)

ブラッシング指導(TBI)

歯科医や歯科衛生士によるブラッシング指導(Teeth Brushing Instruction)です。虫歯や歯周病を防ぐためには、患者さまの歯並びや歯の形状に合った正しいブラッシング方法を身に付けることが重要です。自己流のブラッシングを卒業し、ワンランク上のセルフケアでみがき残しをなくし、清潔で健康な口腔内環境を維持しましょう。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯科医や歯科衛生士が専用器具を用いて行う歯のクリーニングです。歯と歯のすき間や歯ぐきの境目など、日常のブラッシングだけではどうしても取り除くことが難しいプラークや歯石を徹底的に除去します。口腔内がすっきりと快適になり、虫歯や歯周病だけでなく、歯の着色、口臭などの予防にもつながります。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが悪いと正しいブラッシングが難しくなるため、虫歯や歯周病にかかりやすくなるほか、肩こりや体のしびれ、顎関節の痛みなど、体のさまざまな部位にまで症状が現れます。これらの疾患を防ぐため、当院では予防歯科の一環として、咬み合わせチェックを行っています。

お口の健康へ生活習慣からアプローチ

お口の健康へ生活習慣からアプローチ

虫歯や歯周病を引き起こす原因が判明しているにも関わらず予防しきれない近年、問題となるのがきちんとプラークコントロールができていないということ。つまり、それは患者さまのセルフケアを含む生活習慣に何らかの問題があるということなのです。健康な口腔内環境を維持するためには、患者さま自身の生活習慣から改善していく必要があります。当院では健康維持と予防歯科促進の観点から、患者さまの生活に一歩踏み込んだ生活習慣指導を行っています。