歯周病治療

静かに進行していく怖い病気「歯周病」

静かに進行していく怖い病気「歯周病」

歯周病は、歯を失う原因の第1位となっており、日本の成人の約80%がかかっている、もしくは予備軍といわれています。原因はプラークに潜む歯周病菌。歯ぐきなど歯を取り巻く歯周組織に炎症を起こし、その後顎の骨を溶かし、最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。初期では自覚症状がほとんどなく、口臭や歯のぐらつきなどからようやく歯周病に気付き、受診したときにはかなり進行した状態で手遅れになってしまうケースもあります。

また近年では、歯周病が心疾患や糖尿病、早産など二次的に全身に悪影響を与えることもわかっています。当院では、口腔内だけでなく全身の健康維持を考慮した歯周病治療に力を注いでいます。

清水歯科医院の歯周病治療

【まずはしっかりした検査を】

歯周病治療を開始する前には、入念な検査が必要です。当院では、歯周ポケット診査や歯の動揺度の検査、レントゲン検査などを行い、患者さまの歯周組織の現状をしっかりと把握した上で今後の方針を立て、歯周病治療を行います。

歯科ポケット掻爬術

歯周ポケットの深さが約3~5mmの、軽度の歯周病で行われる治療法です。肉眼で確認できないため高度な技術が必要となります。歯ぐきに麻酔をして歯周ポケット内のプラークや歯石を取り除きます。また、歯ぐきに炎症が起きている場合には、その部分を切除することもあります。

レーザー治療

Er.YAGレーザーを使用した歯周病治療にも対応しています。
レーザーを照射することで歯周ポケット内を殺菌し、新しい組織の再生を促します。

レーザー治療について詳細はこちら

オゾン水

高い機能力で触れた面だけを除菌、脱臭、漂白するオゾン水を歯周病治療・予防に役立てています。

オゾン水について詳細はこちら