一般歯科

虫歯について知りましょう

一度進行した虫歯は、自然には治りません。
放置するとどんどん悪化していき、やがては歯を失ってしまう恐れも……。健康な歯を維持していくには、早めの治療が肝心。こちらでは、できるだけ虫歯の症状に気付き、早めの虫歯治療に取り組んでいただくために、虫歯のメカニズム、症状や治療法をご紹介しています。

虫歯のメカニズム

糖分を多く含む食べ物が口の中に入ると、プラークに棲み付くミュータンス菌という虫歯菌の働きが活発になり、酸を出し歯を溶かします。これが虫歯です。虫歯は進行してしまうと自然には治りませんが、毎食後にしっかりブラッシングすることはもちろん、定期検診の受診により早期発見・早期治療を心がけることで、歯の寿命を延ばすことができます。

虫歯のメカニズム

虫歯の段階別解説

進行度合

自覚症状がない
ごく初期のエナメル質内の虫歯では、まだ自覚症状はありません。

甘い物・冷たい物がしみる
象牙質に虫歯が達すると、甘い物・冷たい物がしみます。

熱い物がしみる
虫歯がかなり進行して歯随(神経)まで達すると、急性の炎症が起きて熱い物がしみます。

何もしていないのに痛む
かなり進行した虫歯では常に激しい痛みがあります。

激しい痛みが消えた
痛みを伝える神経が壊死するため痛みは一度消えますが、そのまま放置すると歯根が化膿して再び激痛が起こります。

進行度合に応じた治療法

進行度 治療法

自覚症状がない段階

自覚症状がない段階

ごく初期の虫歯です。虫歯部分は削らず、正しいブラッシングやフッ素塗布で治します。程度によっては、麻酔を使用せずに虫歯部分を削り、レジンなどの修復材を詰めることもあります。

甘い物・冷たい物がしみる段階

甘い物・冷たい物がしみる段階

象牙質まで到達した状態。この段階では症状に応じて局所麻酔を使って虫歯部分を削り、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)をセットします。

熱い物がしみる、もしくは何もしていないのに痛む段階

熱い物がしみる、もしくは何もしていないのに痛む段階

かなり進行した状態の虫歯です。治療を行う際、麻酔が効きにくくなります。炎症が起きている部分と、神経を除去する根管治療を行い、クラウンをセットして修復します。

激しい痛みが消えた段階

激しい痛みが消えた段階

虫歯が歯冠部まで達し、歯根部以外の歯が崩れた状態。ほとんどのケースで抜歯を行い、ブリッジや入れ歯、インプラントで失った歯の機能を補います。

清水歯科医院の虫歯治療

レーザー治療(Er.YAGレーザーを使用)

Er.YAGレーザーは水に吸収されやすく、熱の拡散や炭化層(焦げ)がほとんどない組織表面吸収型レーザーです。レーザーを使用した虫歯治療では、麻酔注射をしなくても痛みがほとんど感じられず、嫌な振動や音もありません。虫歯部分を効率的に除去し、健全な部分を最大限に残す治療が可能です。

当院では虫歯治療のほか、歯周病の処置、止血、口内炎の処置、知覚過敏、根管治療、炎症の鎮静、歯ぐきの切除など、幅広い用途にEr.YAGレーザーを活用し、患者さまの負担を軽減したやさしい治療に努めています。

レーザー治療(Er.YAGレーザーを使用)

虫歯になってから治療するよりも予防に努めたほうが、患者さまにとっての負担が少ない診療が実現します。