入れ歯(義歯)

入れ歯で取り戻す、咬めるよろこび

入れ歯で取り戻す、咬めるよろこび

失った歯の機能を補う補綴治療には入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。当院では、治療がシンプルで患者さまへの負担が少ない入れ歯治療に力を入れ、しっかりした咬み心地と装着時の快適さをお届けしています。保険・自費を問わず、ご要望に合わせた入れ歯をご提供しますので、これから入れ歯治療を検討される方はもちろん、現在ご使用中の入れ歯が合わないとお悩みの方もお気軽にご相談ください。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯は、残された自分の歯に金属製または透明の留め具(クラスプ)をかけることで固定します。留め具を用いない入れ歯としては、磁石などのアタッチメントで固定するタイプや、やわらかい素材でつくられたタイプもあります。

部分入れ歯と総入れ歯

残された歯がない場合には、歯ぐきや粘膜で固定させる総入れ歯になります。上顎にぴったりと密着し、下顎でしっかりと支えることで咬む力を安定させます。素材に金属を使うと入れ歯の床を薄くすることができ、食事や発音が快適になります。

清水歯科医院の入れ歯治療

レジン 義歯(保険診療)

レジン	義歯(保険診療)

アクリルレジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯です。強度を保つために厚みを持たせているため食べ物の温度が伝わりにくく、ほかの素材を用いた入れ歯と比較して違和感があり、汚れやすいのが難点です。その反面、保険が適用されるため経済的負担が軽減されており、一般的に最も普及しています。

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

クラスプがないタイプの入れ歯です。半透明のプラスチック系ナイロン素材を使用しているため、軽くしなやかでフィット感と審美性に優れています。また、残された歯に負担をかけずにしっかりと咬むことができます。

金属床義歯(自費診療)

チタン床義歯

チタン床義歯

軽く強いチタンは生体親和性が高く、アレルギー反応を起こしにくい安心な素材です。薄く作製することができるため、装着感に優れた入れ歯をご提供できます。

バイタリウム床義歯

バイタリウム床義歯

チタンと同程度の軽さが特徴のバイタリウムは、生体親和性に優れ金属床で最もよく使われている素材です。ほかの金属と比べてたわみに最も強く、薄く作製することができるので装着感のよい入れ歯に仕上がります。

入れ歯治療の費用について

【インプラントについて】