小児歯科

お子さまの健やかなお口を育むために

お子さまの健やかなお口を育むために

小児歯科では虫歯や悪い咬み合わせなどの治療を行い、口腔内環境を整え、永久歯の健やかな成長を促進します。ですが、歯医者に対して強い抵抗意識を持っている子どもは少なくありません。治療を成功させるためには、お子さまと歯科医だけでなく保護者の方の協力が必要なのです。

まず、お子さまのご家族が歯科治療に対して正しい認識と目的意識を持ち、お子さまにそのことを伝えてあげてください。お子さま自身に「歯の治療は怖いものではなく、健康になるために必要なこと」と理解してもらうことが重要だからです。そして治療後は、「よくがんばったね」とたくさん褒めてあげてください。なお、治療の際は保護者の方に同席していただくこともできますが、状況によって不可能なケースもあります。

清水歯科医院の小児歯科診療

歯みがき指導

歯みがき指導

お子さまの成長と口腔内環境に合わせた歯みがき指導を行います。「健康なお口を維持しよう」という意識を自身で持ち、子どものころから正しい歯みがきを習慣にすることは、お口のトラブル予防につながります。

シーラント

シーラント

溝が深い乳歯や生えたてでやわらかい6歳臼歯など、虫歯になりやすい奥歯の溝に歯科用プラスチックを埋める予防処置です。シーラントを行った後は、定期的に検診を受け、予防効果が持続できているかを確認することが重要です。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで歯質を強化し、虫歯を予防します。1回のフッ素塗布だけでは不十分なので、定期検診の際忘れずに行い予防効果を持続させましょう。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

過剰歯とは、乳歯でも永久歯でもない余分な歯です。永久歯の歯並びや咬み合わせにさまざまな悪影響を及ぼす恐れがあるため、永久歯が正しく生えてくるために、適切なタイミングで過剰歯の抜歯を行う必要があります。前歯の間に生えてくることがほとんどですが、なかには顎の骨の中に埋まったままきちんと生えてこないケースもあります。その場合、ほかの歯に影響がなければそのままでも問題ありません。

妊娠中の方へ

妊娠中の方へ

妊娠中はホルモンの変化やつわりの影響から、妊娠性歯肉炎や虫歯、妊娠性エプーリス(歯ぐきの一部が増殖してできる良性のしこり)など、さまざまな口腔内トラブルが起こりやすくなります。これらの疾患は入念なブラッシングで予防できますが、治療が必要になった場合には、早めの受診が必要になります。

レントゲン撮影にはプロテクターを使用しますし、麻酔も神経質にならなくても心配はありません。また、当院ではレーザー治療にEr.YAGレーザーを使用し、麻酔なしでも痛みを抑えながら治療を行うことが可能ですので、お気軽にご相談ください。

※妊娠初期(6週から12週の間)のレントゲン撮影は胎児に影響を与えるといわれていますが、歯科でのレントゲン1枚撮影による被爆量は1日の自然からの被爆量の1/3以下と言われています。
お腹の部分は防護エプロンをしていますので、数枚程度であれば全く心配はいりませんが、当院では行っておりません。